てい鍼使い方セミナーの意義

2ヶ月毎に東京銀座(心と体を元気にする協会事務局)で
使い方セミナーを開催しているのをご存知でしょうか?

開催日は祝日で、開催時間は午後1時から3時までの2時
間を予定していますが、その時の状況により多少前後します。

会場スペースが狭いため、4名様限定で行っています。また、
参加者数が2名に満たない場合はその時のセミナーを中止
にする場合もあります。ペアで実技を行っていただくため。


このセミナーを開催する目的は、てい鍼を購入された方が
まったくの初心者で、てい鍼が刺さないハリと言うのは分
かっているが、果たしてどう持ったらよいのか、どのように
使うのかを易しく解説し、てい鍼の基本的操作を覚えていた
だくことです。

内容的には前半(約1時間)は、てい鍼概論、てい鍼の持ち
方(2つの持ち方を解説)、てい鍼の使い方(刺激量、順序
と方向、一般的な治療の流れ)を背中で練習していただき
ます。


後半(約1時間)は、実際の症例についててい鍼の使い方
を体験していただきます。
胃痛、腰痛、ひざ痛、肩凝りについて、それぞれてい鍼を
かける部位、方向、刺激量につて解説していきます。

毎回、参加される方が異口同音に「てい鍼って、スゴイ!」
を発します。

このセミナーで学んだ方が、ご自分の治療院に戻られ、患者
さんに実際にこのてい鍼を使ってみてどうだったかをよく知ら
せてくれるのです。うれしいニュースにこちらの気分もウキウ
キになりますね。

このセミナーがきっかけでとにかくてい鍼を使ってみることの
大切さをお伝えしたいと思います。

使ってみると、いろいろな発見があるのです。するとますます
使うことになり、さらなる発見へとつながります。

次回は、てい鍼を使うメリットについてお伝えしたいと思います。




この記事へのコメント