手づくりてい鍼 先ずは試してから

私の作製するてい鍼は、手づくりということでそれ相応の
価格設定をしております。

購入するお客様も、しっかりと情報収集した上で、決断
をするわけですが、やはり実物を手に取ってみることがベ
ストのようですね。

同じサイズでも、材質によりてい鍼から受ける感覚が微
妙に異なります。

先日、てい鍼の存在を知った方(男性)が、購入する
前に、実物を見てみたいので銀座にある協会のショー
ルームを訪れたいということでした。

実際はショールームではなく、品川駅構内の喫茶店で
待ち合わせて、手作りてい鍼を見ていただきました。

電話で、チタン製のてい鍼φ6X90(直径6ミリ、
長さ90ミリ)をご希望でしたので、作製して行きました。

さっそく、チタンてい鍼を手にとっていただき、試して
もらいました。彼は、軽度のアトピーで悩んでいるよう
でした。いろいろと話しをしていく過程で、銀てい鍼に
も関心が芽生えました。

たまたま、銀てい鍼を持ち合わせていましたので、
さっそく試してもらったのです。

結果は、銀の方が施術後落ち着いた感じがすると
いうのです。

話しが急展開し、銀のてい鍼を購入決定したわけ
です。

翌日早朝、てい鍼工房に赴き銀てい鍼を完成さ
せました。そして、その日の午後に手渡し。

さて、さて、彼はその夜、さっそくてい鍼を使い始め
たのです。

その結果は、次回のブログで。

それでは、また。


この記事へのコメント